本文へスキップ

新しい視点で木材をを活用する 

プロフィールprofile

 

愛媛県CLT普及協議会の設立にあたってのご挨拶

【発起人代表】
  一般社団法人 愛媛県木材協会
    会長 井関 和彦
 

本日は、設立総会をご案内いたしましたところ、ご多用な中にも関わりませず、中村愛媛県知事様、日本CLT協会 中島会長様のご臨席を賜り、誠にありがたく深く感謝申し上げます。
 また、県内の関係者の皆様方に当協議会への入会をご案内いたしましたところ、8団体と50企業等の皆様が会員登録してくださり、心から厚く御礼を申し上げます。その上、愛媛大学特命教授の林先生にはアドバイザーとして、また、愛媛県及び、県下14市町様にはオブザーバーとしてご参画くださるとのこと重ねて厚く御礼を申し上げます。

さて、県土の7割を占める愛媛の森林は、先人たちの努力や県の支援などによって成熟し、山村地域の貴重な資源となっております。これからの本県の林業・木材産業は、この資源を活用して雇用を生み出し、「育てる時代から活用する時代へとシフトしながら「健全な森林づくりと環境に優しい木材の利用拡大」を進め、地域の成長産業として育成していくことだと考えております。
 そして、県におかれましては、公共施設の木造・木質化や柱材の無償提供など県内需要の拡大に努められるほか、知事自ら首都圏でトップセールスを実施し、「媛すぎ」「媛ひのき」のブランド材の販路拡大を積極的に進められており、実に時宜を得た施策に取り組んでいただいていると、深く感謝し、我々林業・木材産業に携わるものにとりまして誠に心強く敬服する次第であります。
 しかしながら、県産材の主な需要先であります住宅につきましては、少子高齢化や、消費増税後の駆け込み需要への反動などにより、その新設着工戸数が減少することが懸念されており、今後効果的な県産材の出口対策を講じることが喫緊の課題となっています。
 
 このような中で、建築材として優れた断熱性や強度を持つため欧州で活用が進み、日本政府の新しい成長戦略でも普及の加速化や生産体制構築の方針が示されたところです。材料となるスギ資源が充実している本県にとっては、CLTは新たな構造用建築材料として、木材需要の拡大に大きく寄与し、県産材の需要拡大を通じた、林業・木材産業の経営安定と森林整備の推進を図るため、関係機関の連携協力体制を構築し、CLTの普及と一般化を促進することを目的として、「愛媛県CLT普及協議会」を設立することといたしました。

 今日は、愛媛県CLT普及協議会設立、会則、協議会会費徴収等の承認の件をご審議していただくこととなりますが、ご忌憚のないご意見を賜り、関係事業に円滑に取り組みできますようご協力をよろしくお願い申し上げます。
                                        平成26年8月1日

設立までの経緯


愛媛県CLT普及協議会設立にあたっての資料






愛媛県CLT普及協議会

〒790-0003
愛媛県松山市三番町4丁目4−1 愛媛県林業会館3階

TEL 089-948-8973

FAX 089-948-8974